とっしの楽しいは作れる

バスケとマンガが好き過ぎです。人生の「楽しいは自分で作れる」と思ってます。

ブログのネタ探しのコツ!

こんちは!

とっしーです!

 

ブログのネタ探しのコツをご紹介します!

 

書くネタ探しをしていて

 

「うーん、書くネタがないなあ」

 

ってなることがよくあると思います。

 

そんな時に僕がやっていることは

 

・自分の得意分野を題材にして書いてみる

 

ぼくの場合だとバスケとかメンタル系とかですね

あと人間関係というか人のことかな?

すげー好きなんですよね人

それなのでよく知っているくらいでいいから、いろんな形で発信してみる。

これですね。

 

そんで、「形」っていうのがいまいち分かりにくいから

ブログでよくかかれている定型パターンみたいなのがありますので

それを紹介します。

 


・まとめてみた系

(例.好きなマンガランキングとか名言集とか)

 

ただ単純に自分のよく知っていることをよく知らないひとに情報をまとめる事

これはそもそもネタをあまり考えることがないので比較的に書きやすいです。

 

 

 

・やり方系

(例.正しいブログの書き方やブログアクセスアップの方法など)

 


こちらはいわゆる

「HOW TO」方法とかを解説する記事にあたります。

やり方系は自分が「ちょっと詳しい」レベルでも初心者の方には貴重な情報なので役に立てます。

 


さらにやり方系は他のブロガーと被ってそうで完全には被らないのでオリジナルのコンテンツにもなります。

 


上記のまとめ系とは違い読んでる読者に伝える文章になるのでそこそこ考える必要があります。

 


・オピニオン系

 


こちらは「意見」ですね。

 


つまり「自分はこう思っている」みたいなことを書くことです。

 


こちらは自由度が広くなるのでオリジナリティのある記事がかけます。

 


一方では相手に納得させるだけの内容が求められるので、自分のよく知っていることなら書きやすいです。

 

 

 

・おすすめ記事

 


これは自分が利用してよかった物や役立ったサービスなどを

 


おすすめする記事です。

 


これも比較的に書きやすいです。

 

 

 

自分が本当におすすめできる物やサービスはやはり文章にも反映されて

「熱量」みたいなのが伝わります。

 

 

 

・感想や感じたこと系

 


実はこれが一番書きやすいです。

 


なぜなら「人が読む前提」で記事を書いていないので

 


スラスラ書けるはず。

 


という事は読む人にとっては退屈なのであまり読まれない可能性があります。

 


しかしある程度のファンがブログにいると話が変わります。

 


こういった自己満足記事でもファンは読んでくれます。

 


さらに、自分をそのまま出す事になるので書いた記事に対して共感できる所があればあるほどファンになってくれる可能性が高いです。

 


以上がブログを書くネタがなくなったら上記のようなテーマがあります。

 


参考になったら書いてみてください!