とっしの楽しいは作れる

バスケとマンガが好き過ぎです。人生の「楽しいは自分で作れる」と思ってます。

ブログで好きな事を書くと結果的に文章力があがるよなあって話

f:id:knock2495:20190403225517j:image

こんちは
とっしーです。

最近は1日1記事書くことを日課としてやっています。

それで気づいたことがあったので報告します。

 

結論

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・好きなことを書くと「頑張って書く」みたいな気持ちがいらなく書ける

・好きなことを書くと「いい情報」をしっかり書きたくたくなるから考える

・結果文章が上手くなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

では紹介するね。

好きなことを書こうとするとかなり一生懸命書けるなあっておもう
一生懸命書こうとするから文字数が自然と多くなり、情報量も濃くなる。

さらに好きな事だから文章や内容にこだわり始めた笑
「もうちょっと詳しく書きたい」
「なんか適当には説明したくない」
みたいな感じ。

一番びっくりしたのは書かなくちゃっていう意識がなくなった。
いつもではないけれど眠いとかちょっと体調が悪いときとかは
「眠いけど、書く」
「体調悪いけど、書く」
みたいな感じではなくどちらかというと

「眠いなら無理して書くのはやめよう」
って思い始めた笑

甘やかしてんじゃない!
って思うかもだけど、「無理して書いた文章は読者にも伝わっちゃう」
と思う。
結果的に自分の伝えたいことが伝わらないから。
「書きたいときに書く」ようにした。

「書きたいときに書く」をやっているから無理に書こうとしなくな
そうなるとめっちゃ自然な気持ちで書ける。
「こんな感じで書くともっとオモロイかも!」と工夫したくなる。

書いていて「読んでいる人に好きな事の良さ」を細かく伝えたくなる
もうこれでもかってぐらいにこだわり始めた笑

本当はさくさく伝えた方がいいんだろうけど
「さらっと書く記事は言いたいことだけ書く」
「こだわる記事はがっつりこだわる」
記事の書き方のスタンスが身についてきたなあ。

こだわって書こうとすると
シンプルに「良い情報」を書きたくなってくる。
「この文章の表現だとわかるかな?」とか
そういう風に書いていくと、文章力も自然とトレーニングができる

そう思うと面白い文章や分かりやすい文章は「自分の趣味や知識、経験」を書くことで
レーニングされるし、「非常に効率が良い」
基本夢中になって「もっと、もっと」ってなってくるから
「頑張る」ことがない。
モチベーションとか考えなくても済む。

1ヶ月くらいは気づいたことやおもったことをひたすら書きたいように書いていったけど
正直始めの方は慣れない「文章を書く」それも「毎日書く」っていうのを
自分の「筋トレ」だと思って練習してきた。

レーニングだと思うと「頑張る」とかではなく
「自分の為にやる」とか
「もっと面白くわかりやすい文章を書く」
のが目標になってた。

ぶっちゃけ「きつかった」
でも10日くらい書いていたら「慣れて」きた
慣れるととたんに楽になった。

これからもやり続けるけど、「自分の趣味、経験、知識」を思う存分に出していこう。
「自分の趣味」の話は書いていて「楽しい」し、
筋トレではなく「友達におすすめのマンガを紹介する」みたいな感じだから
きつくない笑

結局は自分の「好きな事や経験したこと」を書くことが文章力が最も効率よくあげられる方法だと1ヶ月書いて確信したことでした。

報告はこんな感じ!

またね!